toggle

IZUMI YAMASAKIとは

IZUMIYAMASAKIが誕生したきっかけは、長野に住む祖父母が営む養蜂のミツバチが大量死したことです。

理由もわからず死んでいくミツバチ。

結局、15箱あった巣箱はその年1箱しか残りませんでした。

色々と調べていくうちに農薬と蜜蜂の関係を知ることになります。


さて、わたしにできることは何だろう?

ミツバチが生きられない環境を作っている日本の環境・農業のあり方に疑問を持ち
「人と蜂が同じ花を分かち合う世界を」をコンセプトに
化学肥料に頼らない
土のちから・発酵のちからを生かしたエディブルフラワーの生産に取り組みはじめました。

私たちは次世代に

・綺麗な空気と水
・元気な土
・環境をいかした農業

を、残すことを目指します。

 

IZUMIYAMASAKI